損保システムコンサル&芸術・文化サロン

サイトマップ

アートNPO推進ネットワーク通信    

アートNPO通信 タイトル

46号 アートNPO推薦作家横田海氏及び上野憲男氏から作品寄贈 

 アートNPO推進ネットワークがシリーズで進めているアート企画に『ぼくらの・・・・展』がある。我々コレクターが厳選した、いわばアートNPO推薦作家のためのコレクション展である。その第2回展の横田海氏、5回展の上野憲男氏からアートNPO宛て作品寄贈があった。実に嬉しいお話で喜んで頂戴することとした。アートNPOの貴重な財産として大事にしていきたい。両先生におかれては、素晴らしい作品制作など益々のご活躍をお祈りしたい。


上野氏と寄贈作品『SEED&PLANETS』2005


横田氏と寄贈作品『25章―3』2005

  

《展覧会協力》・・・・『万葉種子展』 11/29~12/25

佐藤美術館学芸課長立島恵氏及び日本画家池田美弥子氏から展覧会の企画協力について依頼があり、若手作家支援を旗印にするアートNPOにとっては有意義なことなので、お引き受けした。展覧会は日本画を表現手段とする作家たちが、草月流いけばな作家や現代造形作家との出会いを通して新しい表現を試みようという意欲的な内容であった。作家は安達友紀・阿部清子・池田美弥子・高橋理加・中川彩萌・水野理美・吉岡順一の7名。

47号 アートRNPO新会員紹介及び美を遊ぶ壺中夢倶楽部の紹介

《2005年度後半入会の新会員》 

望月章子様 『アサヒギャラリー』代表・趣味李朝家具やアジア・アフリカ布収集
平井勝正氏 アートスペース『ポルトリブレ』代表かつ作家でもありコレクター
小森寛一氏 税務会計事務所顧問・・車好きが高じて黄色のポルシェを乗り回す
  松本義則氏 あいおい損害保険勤務・・趣味は東京周辺の山歩きと幅広い読書
鈴木玉恵様 「青燈社」書の女流師範・・横浜青葉台に住む明朗奥様で趣味も広い
内藤純子様   『純画廊』代表・エレクトーン講師やガールスカウトリーダーの経験
佐藤俊雄氏 『弘前愛成会病院』管理部長・・弘前の地からアートNPOを支援
塩田眞弓様 『アートサロン叢』代表・・神宮前に小さいが綺麗な画廊をオープン
木元栄子様 フリーランスライター及び営業研修講師など幅広いキャリアウーマン
太田信之氏 『早稲田大学』特別研究員&講師・・趣味はギター、三味線、小唄等
金井充氏 『金井画廊』経営・・森幸夫、鷲森秀雄、蔡国華等作家作品を取り扱う
村山浩司氏 『あいおい保険システムズ』社長・・オジサンバンドでドラム演奏

《美と遊ぶ『サロン壺中夢クラブ』のご紹介》

1997年の発足からもう10年になる個人的な遊びの集まり。“中国の故事『壺中天』の境地を目指し、仕事を離れた自分の世界を大切に生きたい”・・と志は高いが、要は気が向いたら画廊廻りなど美を探索し旨い酒を酌み交わそうという訳である。今年の新年会は1月7日、和食料理を楽しみながら旅行や美術・歌舞伎・映画について語り合い盛り上がった。

*アートNPOは社会貢献活動団体であるが、こちらは気心の知れた仲間との気楽な遊びの集まり。余り会員を増やそうという気持ちはないが、アートNPO会員の方の参加は歓迎したい。世話役は鈴木和子さんと相馬美穂さんのお二人。

48号 理事会・総会にて2005年度活動報告及び2006年度計画論議

 2月18日(土)理事会・総会にて、2005年度活動&会計報告及び2006年度計画の論議が行われ承認となった。詳細は別紙議案の通りであるが、概要のみ記すと・・。 

平成15年、「アートNPO推進ネットワーク」はマコトフジムラ氏の「IAMの会」と『平和へのメッセージ展』を共催、130人の作家の協力によるチャリティーオークション収益金200万円以上を日本ユネスコ協会に寄贈したが、原田氏が実行委員長として、又、アートNPO事業の一つ“コレクターの見る視点展”も中心となって企画推進している。若手作家支援をテーマにした原田氏の画廊が大きく羽ばたくことを祈りたい。(山下透)

  • ●立ち上げから4年、諸般の事情から組織的にはいまだ任意団体の形をとっているが、各種展覧会企画が定着するなど予想以上の成果も出て、周囲から一定の評価を受けている。
  • ●会費収入は事務経費を賄う程度であるため、事務所確保困難かつパソコン・電話等も代表個人のものを利用の現状であるが、徹底した支出抑制の事務運営の結果年度収支は黒字。
  • ●会員は①個人正会員33名②個人賛助会員20名③法人賛助会員9名。会費支払会員は62名であるが、アーティスト会員約30人を含め、総勢90人位の組織になっている。

《個人会員》 45名

山下透、原田俊一(アートフロンティア)、御子柴大三(ポーラ美術館)、伊藤厚美(アス クエア神田)、中谷孝司(国立楽器)、立島恵(佐藤美術館)、廣川和徳、藤本治聖(協和エクシオ)、赤塚元(凸版印刷)、ヨシタミチコ(カラースペースワム)、相馬美穂、伊藤和子、黒田裕一郎、相澤吉勝(中部大学)、木村悦雄(千葉市役所)、三浦康栄(日本IBM)、山本勝彦(あいおい損保)、鈴木忠男、小林盛夫(ASの会)、高橋千鶴子、根本博光、内藤嘉春、土佐育也、楢崎卓也、山岸勝博(人材派遣事業)、小倉敬一(埼玉県庁)、森川勝彦(トムソンネット)、栗盛雅敏(大館市教育委員長)、大川元一(保険コンサルタント)、新井侑竹、杉原伊津子、松本義則(あいおい損保)、林美佐子、友利淳子、佐藤俊雄(弘前愛成会病院)、村山浩司(あいおいシステムズ)、鈴木才子(アートトラスト)、柳珍(韓国画商)、太田信之(早稲田大学)、木元栄子(フリーライター)、平井智恵、大森恭智、鈴木瑛子(第一生命)、小森寛一、鈴木玉恵

《画廊会員》 17名

大倉宏(新潟絵屋)、綿貫不二夫(ときの忘れもの)、椿原弘也(ギャラリー椿)、土倉 有三(ギャルリー東京ユマニテ)、北條和子(閑々居)、大塚まりこ(もみの木画廊)、白水真子(ギャラリーしらみず美術)、後藤真理子(ギャラリーゴトウ)、磯良卓志(ギャラリー汲美)、佐々井智子(ギャラリーアートもりもと)、矢澤園子(ごらくギャラリー)、望月章子(アサヒギャラリー)、内藤純子(純画廊)、辻美佐子(ギャラリー宗美)、平井勝正(アートスペースポルトリブレ)、金井充(金井画廊)、塩田真弓(ギャラリー叢)

* 上記以降の2006年度入会会員

渡邉巳代司(画廊ゑぎぬ)、野崎悦子(ギャラリーテムズ)佐藤潤(コンサルタント)、千葉加音(書師範)

  • ●2006年度は主要企画『ぼくらの・・コレクション展』、『コレクターの見る視点展』等の展覧会を継続すると共に、『会員コレクション展』『仲間たちのアートバザール』を新規に企画。
  • ●個人会員(除くアート企画参加者)については年会費を引き下げる(2年目以降正会員5000円、賛助会員3000円)と共に、安価で質の高い作品購入の機会提供など会員向け特典も充実させる。
  • ●佐藤美術館の他、アートフロンティア、アートトラスト、純画廊等との連携を強め共同企画推進。
  • ●期の途中であるが、一部理事及び監事の退任に伴う新理事・監事の選任を提案、承認となった。

49号 アートNPO推進ネットワーク2006年度新役員体制

 ・・2/18理事会総会にて、一部役員の退任に伴い選任・承認となったもの・・ 

         
         
  代表理事 山下透 全体統括 TAOコンサルティング代表
  理事 原田俊一 若手作家ネットワーク アートフロンティア代表
  御子柴大三 画廊&作家ネットワーク ポーラ美術館勤務
  伊藤厚美 広報&情宣 アスクエア神田代表
  立島恵 美術館ネットワーク 佐藤美術館学芸課長
  黒田裕一郎 アートボランティア 雑誌社勤務
  中谷孝司 美術&音楽コラボレーション 国立楽器代表
  廣川和徳 アート街作り らぶ廣川代表
  北條和子 日本画家ネットワーク 画廊閑々居代表
  大塚まりこ 地域振興コラボレーション もみの木ビル&もみの木画廊代表
  鈴木才子 NPOネットワーク アートトラスト&彩画廊代表
  赤塚元 企業・団体との協業 凸版印刷ICビジネス企画部長
  相澤吉勝 大学ネットワーク 中部大学経営情報学部教授
  渡辺巳代司 収益事業&高齢者企画 画廊ゑぎぬ代表
  小林盛夫 印刷&編集企画指導 ASの会会長&(株)マステック代表
         
  企画担当
役員
山岸勝博 現代美術企画 アイアイシステム部長
    内藤純子 イベント企画 純画廊代表
         
  監事 太田信之 NPO経営&会計監査 早稲田大学講師&NPO法人理事事務局長
         
  事務局   会員管理&会計 (相馬美穂)
      サイト運営管理 (伊藤和子)
      アートボランティア (篠沢潤子・高橋千鶴子・鈴木玉恵)
      編集&DM制作 (白石好恵・小林まどか・虻川さゆり)
         
  特別会員 マコトフジムラ   NY在住作家&ホワイトハウス文化担当顧問&IAMの会代表
         
  相談役 大倉宏  新潟絵屋代表
    中田久尚  (財)佐藤国際文化育英財団常務理事
    綿貫不二夫  ときの忘れもの編集者
    土倉有三  ギャルリー東京ユマニテ代表
    椿原弘也  ギャラリー椿代表
    ヨシタミチコ  カラーネットワム&カラーネットワーク協会代表
    佐藤潤  経営コンサルタント
    柳渭珍  韓国珍画廊会長
         
  法人会員  (特)新潟絵屋・(財)佐藤国際文化育英財団・(特)アートトラスト
         
  提携画廊 アートフロンティア・アスクエア神田ギャラリー・もみの木画廊・画廊閑々居
    ギャラリーしらみず美術・ギャラリーゴトウ・画廊ゑぎぬ・アサヒギャラリー
    金井画廊・純画廊・ごらくギャラリー・叢画廊
         
  NPO支援
画廊
ときの忘れもの・ギャルリー東京ユマニテ・ギャラリー椿・韓国珍画廊
    アートギャラリーもりもと・ギャラリー汲美・アートスペースポルトリブレ 等
         
         

50号 アートNPO、佐藤美術館主催『岡村桂三郎展』の企画協力

 1月12日~2月26日にかけて佐藤美術館において日経新聞及び佐藤国際文化育英財団主催岡村桂三郎展が開催されたが、学芸課長立島恵氏からの要請を受け、アートNPO推進ネットワークも展覧会企画協力を行った。この企画は作家のアトリエで原画を見つけた立島氏の閃きによるものであるが、素晴らしい展覧会となった。NHK日曜美術館アートシーンの他、日経新聞宝生正彦氏、朝日新聞田中三蔵氏など有力な編集委員が新聞紙上で取り上げたこともあり、会期中約6000人の来場者があったとのことである。

絵本『海女の珠とり』の原画18点は仏画や水墨画など古典の世界を現代的に描いたもので、深い色彩と造形が素晴らしい。アーティストトークは岡村さんの飾らない人柄も手伝って、その感性豊かな物語解釈や制作過程のお話に大勢の来館者は聞き入っていた。

2月25日(土)にはアーティストトーク終了後、我々アートNPOのボランティア協力による特別イベント『銀座画廊ツアー』が行われた。来館者を3グループに分け、コレクターでもある役員の原田俊一、御子柴大三、山下透が案内することとなったが、「ギャルリー東京ユマニテ」「東邦画廊」「シロタ画廊」「不忍画廊」などを訪問、画廊主との会話も弾んで来館者に喜んでいただいた。

『仲間たちのアートオークション』、ワインパーティーを兼ね楽しく開催

アートNPO推進ネットワーク主催の『仲間たちのアートバザール』が2月18日(土)に開催された。アートNPO会員であるコレクターが所蔵する絵画・陶磁器などを仲間のコレクターや初心者のために提供しようというもので、ワインパーティーを兼ね楽しい雰囲気のもとに開催された。

●出品作品は23点・・・落札希望価格は大半が市場価格ないし購入金額の50%~80%で出品、小品は超格安なものが多かった。

  • ・高額作品としては里見勝蔵30万
  • ・栗原幸彦、横田海、杉山邦のタブロー10万円台 
  • ・瑛九エッチング1万、大沢昌助版画1万・・・
  • ・益田芳徳ガラス酒器セット5000円・・・
  • ・宮沢章ぐい呑み、吉川水城色絵湯呑1000円

 

●落札点数は14点、成約率61%であった・・・瑛九、大沢昌助、集治千晶版画などは割安ということもあり次々買いの手が上り盛り上がった。

グリーン 三角トップへ戻る